彼女へのプレゼントでお悩みなら

感動して思わず涙が!彼女が泣いて喜ぶ手紙の書き方

プレゼント,彼女

 

最愛の彼女や妻へ書く手紙に着いて悩んでいませんか?

 

もしくは、感動的な手紙を書きたいのに、どう書いたら良いかわからないと困っていませんか?

 

こんにちは、プレゼント相談室室長の美雪です。

 

男性は、女性と違ってあまり手紙を書かない人の方が圧倒的に多いですが、大切な人の誕生日や記念日のときは「書こうかな」と思うのではないでしょうか。

 

「普段書かないから自信がない」など不安な人のために、今回は、最愛の人を感動させる手紙の書き方を、体験談も織り交ぜてご紹介します。

 

 

 

 

 

女性が手紙で書いてほしいこと

プレゼント,彼女

 

女性が手紙に書いてほしいことを、女性目線でお話します。

 

 

女性は共感が欲しい生き物

 

まず、男性と女性は、考え方が大きく違うというのを理解して、女性は何に喜びを感じるのかを知っておいたほうがよいですよ。

 

女性は、友人と食事に行くとずっと喋り続けます。
その内容は、お互いの仕事や恋愛の話です。

 

その会話の途中途中で、「そうそう」「わかるー!」という相づちが、何十回も入ります。

 

男性には、あまりない光景ですね。

 

でも、女性にはこの

「わかる!」
「そうだよね!」

という【共感】を求めているのです。

 

共感が欲しいからあって食事をしたりすると言っても過言ではありません。

 

あなたに対しても、彼女がどんなことで頑張っているのか、どんなことで悩んでいるのかを話している時は、アドバイスがほしくて言っているわけではないということを覚えておかなければなりません。

 

彼女が求めているのは、

  • わかるよ
  • 大変だね
  • いつも頑張ってるね

という共感や労わりの言葉です。

 

男性は、悩みを打ち明けると時はアドバイスを求めるからこそ、女性にもアドバイスしたくなりがちですが、女性は自分が喋っている中で自分なりの答えを見つけるものなので、アドバイスは求めていません。

 

この共感がないと、女性は次第に「私のこと大事にしてくれない」という考えを持つようになり、破局への道をたどることになってしまいます。

 

 

女性は、愛され、大切にされている実感が欲しい

 

女性は、共感の他にも

愛されている
大切にされている

などの実感が欲しい生き物なのです。

 

悲しいことがあった時、落ち込むことがあった時、女性は愛情の満ちた救いの手を求めています。

 

辛い思いをしているときほど、愛情に満ちたスキンシップをして安心したいのに、それを理解している男性は残念ながら少ないです。

 

男性はそんなとき、愛情を注ぐのではなく、彼女のためを思ってそっと一人にしようとしたり、頑張れと背中を押そうとするものです。

 

女性は、助けを求めたのに突き放され、「あの時あなたは私をないがしろにした」と思いながら、あなたへの愛情を少しずつ削っていってしまいます。

 

そう、男性が求めるものが女性も同じように求めているとは限らないのです。

 

あなたがそっとしてほしいと思う場面の時、彼女も同じようにそっとしてほしいと思うわけではないのです。

 

口に出さなければわからないこともたくさんありますが、少なからず、彼女の求めた物をあなたはしてあげなかったことはあります。

 

手紙にもこのことを書く必要があるので、この事実を覚えておいてください。

 

 

女性は、男性の自発的な鼓動を求めている

プレゼント,彼女
【女性は、男性の自発的な鼓動を求めている】
これは本当によくある話に綱あります。

 

彼女との日常を思い返してみて下さい。
口で言わなけらば、わからないのに、一切口に出さず、やらなければ女性が不機嫌になることってよくありませんか?

 

不機嫌になった理由を聞いてみれば「○○してほしかったのに、してくれなかった」ということはありませんでしたか?

 

「そう思ってるなら言えばいいじゃん」って男性なら思うことですが、女性は言いたくないのです。
よくここで出てくる言葉は、「察して」。

 

そう、女性は察して欲しいのです。
はたから聞いていれば、「めんどくさい」の一言で済みますが、女性は自主性を求めているので「察してくれ」という言葉がでてくるのです。

 

そして、この話が手紙の冒頭に書く、手紙を書いたきっかけに関係してきます。

 

あなたはどうして今回、手紙を書こうとしたのでしょうか。

 

彼女を喜ばせたいという模範的な回答なら問題ありません。
けど、彼女が書いてほしいと言ったから、という理由だったら注意が必要です。

 

実際に私は当時付き合っていた彼氏に手紙を貰った時、冒頭に「私が書いてほしいと言ったから書いた」と書いていたのです。
私は、手紙を書いてくれなんて一言もいてないし、そんな言われたからやりました、という言い方は、イヤイヤやりましたと遠回しに言っているようにも聞こえました。

 

もしろんその先に書いてある内容は、嬉しいものではありましたが、やはり最初の言葉がひっかかって、大して嬉しくもない手紙で、読み終わった後読み返すことは一度もありませんでした。

 

だから、もし、あなたが手紙を書く理由が「彼女が手紙書いてほしいと言ったから」であるなら、正直に手紙に書くのはやめてたほうがよいです。

 

ほしいからあげる。それ裏には、喜ばせたいという気持ちがあるからですよね。

 

だから、「書いてほしいって言ったから」ではなく「喜ぶ顔が見たいから」と言ってあげてください。

 

 

気持ちが伝わる手紙の内容

 

さぁ、ここからは実際に手紙を書くときのポイントを順にお話しますよ。

 

手紙を書こうと思ったきっかけ

 

書き出しは、手紙を書こうと思ったきっかけです。

 

ここで地雷を踏むような言葉を書いてしまうと、ここから先何を書いても彼女を感動させることはできません。

 

先ほど話した、【女性は、男性の自発的な鼓動を求めている】の部分をよく目を通してから書いてくださいね。

 

禁句ワード
書いてほしいって言っていたから、手紙を書くことにしました

 

2人の関係の肯定

 

あなたの視線から見た二人の関係を、肯定の言葉を使って書いてください。

 

付き合えてよかった
喧嘩が減ってきた
一緒にいると穏やかな気持ちになれる
一緒に暮らすようになって、幸せだなって思う

 

上記のように、【今が良い】と思える理由を書いてください。
良かったとかくなら、何がどうよかったのか具体的にかけると、気持ちが伝わり易いですよ。

 

女性って、不思議な生き物で、付き合っていても、ずっと一緒にいても不安になるんです。
「私のこと好き?」と確認したくなるものなのです。

 

実際に質問する人もいれば、心の中に不安を隠している人もいます。

 

男性からしてみれば、付き合っているんだから好きに決まってるでしょ、と今更なにを言っているんだ、という気持ちになると思いますが、女性にとっても定期的に確認しないと不安になるということを覚えておいてください。

 

だから、手紙でもこの関係が間違っていない、このままでいいんだよ、という言葉をかけて安心させてあげるとよいです。

 

 

 

愛の言葉

プレゼント,彼女

 

照れるとは思いますが、手紙ですから素直に愛の言葉も入れてくださいね。

 

好きだよの一言で終わらせてしまうよりも、どこが好きなのか、どんな時より一層そう思うのかなど付け足すと、読み返したくなるほど嬉しい手紙になりますよ。

 

思い出のエピソードを織り交ぜてるのも1つのアイディアです。

 

 

大切にしたいという気持ち

 

ここでは、最初に話した女性の求めているものを満たす必要があります。

 

共感
愛され、大切にされている実感

 

上記の2つを満たすためには、しっかり彼女の視点で思い出を振り返ってください。

 

特に、

  • 彼女に対して苦しい、辛い思いをさせてしまったときのこと
  • 彼女が一番大変だった時期

などを思い出すとよいです。

 

まずは、それに対して共感をします。

 

あの時は辛い思いをさせてしまってごめんね。
あの時は、とても辛かったよね。

 

このように、認めることや受け入れる言葉で共感してください。

 

彼女の気持ちにを考えて言葉を発することで、女性は「私のことをよく考えてくれている」と、次の大切にされていると感じるようになります。

 

普段から、こうしてあげられることがベストですが、お互い大変な時期もあり、いつもできるわけではありませんよね。

 

だからこそ、こうやってしっかり言葉に出して共感することは、2人の関係を良好にする上でとても大切なことです。

 

 

 

▼今までの反省

 

振り返っていく中で、彼女に申し訳なかったと謝ったほうがよいことがあったら、ここでしっかり謝ってください。

 

非を認めることは、彼女を大切にするための大きな1歩です。

 

お互い悪かった時や、自分は悪くないと思っていたことでも、もう少し言い方を変えれば喧嘩にならなかったこともあるはずです。

 

しっかり振り返り、反省をしてみてくださいね。

 

将来のこと

 

手紙の締めは、将来についてです。

 

先ほど話した通り、女性は定期的に愛情の有無を確認しないと不安になる生き物です。

 

だから、この将来について言及する言葉は、最も彼女を安心させることができる魔法の言葉といえます。

 

これからもよろしくね、というようなフレーズでも十分です。

 

でも成人していて、現実的に結婚が選択しに入っているのであれば、結婚も考えていると言ったほうがよいですね。

 

とにかく、これからも一緒にいたいと思っているあなたの気持ちを素直に言葉にしてください。

 

そうすれば、彼女を感動させる手紙が完成しますよ。

 

 

まとめ

 

本文では言っていませんが、気持ちを伝えたいなら、手紙は手書きが必須ですからね。

 

さて、感動する手紙の書き方についてお話しました。

 

不器用でも一生懸命書いた手紙には、しっかり気持ちがこもるものです。

 

ですから、大切な人を思い浮かべて渾身のラブレターを書けば、きっと喜んでくれますよ。